公共料金は債務整理の対象にできる?

  • 公共料金は債務整理の対象にできる?

    • 公共料金は現代社会で生活する以上、少なからず発生するものです。

      大阪の債務整理が評判になっています。

      インターネットなどの通信費に関しては利用しなければ良いだけですが、電気、ガス、水道といったようなものになると全く利用せずに生活するということはほぼ不可能です。もし可能であるとすれば、それはライフラインの通っていない山小屋で暮らしているような状況です。

      ただ債務問題を抱える人はこうした公共料金の支払いに関しても苦慮することが多く、債務整理の際にはこれらの料金も対象にしたいと考えることでしょう。


      ではこれが可能なのかというと、基本的に公共料金を債務整理の対象にすることはできます。


      電気、ガス、水道のいずれであっても、それは数ある債権の種類の一つとして扱われます。債権の中には法律で非免責債権として指定されているがために債務整理の対象に出来ないものもあるのですが、公共料金は非免責債権ではありません。

      和歌山の税理士に有益な情報の紹介です。

      ただ、だからと言ってすぐに公共料金を債務整理の対象にするべきでは無いと言える点もあります。



      これは何故かというと、債務整理の対象となった企業はその消費者との取引を取りやめることがあるからです。

      https://okwave.jp/qa/q7001865.html

      これは公共料金といえども同じことであり、整理後は同じ地域でのライフラインの利用が断られてしまう恐れがあります。

      https://4meee.com/articles/view/463437について知りたいならこのサイトです。

      例えば東京から北海道に引っ越した後、東京のライフラインに関して整理するというのであれば問題はありませんが、同一地域内で整理するのであれば事前にそのことを電力会社や水道会社に伝え、支払いを猶予してもらえるように依頼するべきでしょう。

      https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14130400929に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

  • 関連リンク

    • 債務整理はその方法にもよりますが、個人情報が官報に掲載されることがあります。このことは時として債務整理に及び腰になってしまう要素にもなるのですが、しかし正確に「官報とは何か」ということを認識できている人はさほど多くありません。...

    • 債務整理の方法で任意整理や自己破産と言うのは何となく知っていると言う人も多いものですが、個人再生と言うのは任意整理と自己破産の手続きの中間に位置付けされている債務整理であるとも言われているのです。借金をする時は必ず何かしらの目的が有ります。...